大人のブログ収益術

アダルトなアフィリエイトで稼ぐ管理人の日記、メモ

無修正動画配信サイトはもう終わりなのか?

AD

リビアンコムに動画を提供してた会社が摘発された。

この会社はもちろん、日本で撮影していたようなのだが、

その映像を海外に売って、

その映像がカリビアンコムなどで配信されていたようだ。

 

違法性がないようにも思えるのだが、

わいせつ物の頒布という罪になるとして摘発したようだ。

結構、というかかなりこじつけなような気もする。

 

これで摘発された会社がカリビアンコムを経営していて、

日本に会社の登記があってとかいうならばまだ分かるが、

この会社はカリビアンコムに映像の提供を間接的にしていただけだ。

 

リビアンコム自体は米国の会社が米国のサーバーで配信している。

米国にはモザイクなどというものも存在しないため、当然合法的な事業である。

もちろん、カリビアンコムを日本人が見るのも問題はない。

児童ポルノ系ならばまだしも成人女性の作品しかなく、

リビアンコム自体に米国において違法性はない。

 

そこに日本の法律を持ち出してはたしてどうなるのだろうか。

モザイク自体ももはや意味があるのか?と思うような利権問題だが・・・

 

アダルトサイトの運営者の中にはカリビアンコムなどの

無修正動画配信サイトへのアフィリエイトを貼ってるサイトも多いだろう。

近年、無修正に対する規制はかなり厳しくなっている。

 

無修正の動画、画像のアップロードは日本に居る限り違法だが、

無修正サイトへのリンク自体はグレーだ。

しかし、ここまで厳しくなってくるとリンク自体も怪しくなってくる。

全てはお神次第ではあるが、お神の目に触れる前に無修正関連は

やめたほうが無難かもしれない。

 

私はもちろんやっていない。

業界全体で言えば、無修正関連サイトも去年のはじめくらいからかなり減っている。

さらに言えば一部クリック保証広告会社などが「無修正」という

キーワードがサイト内にあるだけで審査が通らなくなっているようだ。

 

盗撮系のサイトも芸能人問題でだいぶ減り、

アダルトサイトに対する締め付けは厳しくなっていくようだ。

色々問題あるが、用心に越したことはない。